So-net無料ブログ作成

通院記録(2008~ ) [医]

2015/06/17(H27)
2羽連れて行ったが、とても混んでいたためベルのみ受診。
爪の傷痕が皮膚に置き換わっているのを確認してもらった。
ベルはブドウ糖値がやや高めだが特に問題は無し。
飲料水、体重が増えてきたら来院するようにとのこと。

 チャックベル
タンパク±~+±
ブドウ糖-~±
ビリルビン
ケトン体
pH55
体重145g130g

-------------------
2014/10/08(H26)
ベルの爪の痕を診せに浦和BCへ。
かさぶたはまだ治らず、周りに水疱がある。
ステロイド+抗生剤の点眼点鼻薬(舐めても安全なように)を傷痕につけて様子を見ることになった。

-------------------
2014/09/15(H26)
新潟からの帰り、チャックにキャリー越しに足(左・外側後肢)を咬まれベルが負傷
家に着くまでの3時間ほどティッシュで巻いて圧迫止血。
翌日、浦和BCは休診だったのでアリスに行き、抗生剤、カルシウム剤、ビタミン剤を処方してもらう。
発赤と熱は3日目には収まり、121gまで落ちた体重は6日目には127gまで回復、
水浴びまでしたので投薬は6日目までとした。

-------------------
2014/06/18(H26)
2羽連れて行く。
体格等、異常なし。
竜骨突起が手で確認出来るのは余分な脂肪がついていないから(-~±)と褒められた。

 チャックベル
タンパク±~+±
ブドウ糖±~+±~+
ビリルビン
ケトン体
pH55
体重143g129.5g

-------------------
2013/06/12(H25)
2羽連れて行く。
体格等、異常なし。
大規模修繕のシンナー臭のストレス緩和のためにサプリ(M4)を処方してもらう(約3週間分)。
次回修繕の時は始まる前から飲ませておいたほうがよいとのこと。

 チャックベル
タンパク
ブドウ糖±~+
ビリルビン
ケトン体
pH55
体重148g130g

-------------------
2012/06/06(H24)
2羽連れて行くが、2羽とも問題無くふんの検査も必要無し。
体重(146g・130g)も飲水量(7cc・6cc)も1年前と変わらない。

-------------------
2011/06/08(H23)
ふんだけ持っていく。

 チャックベル
タンパク±~+±~+
ブドウ糖±~+
ビリルビン
ケトン体
pH55
体重148g130g

-------------------
2010/11/17(H22)
2羽連れていく。
昨年指摘されたベルの皮下脂肪が無くなっていた。体重は変わらず、筋肉になったのか。
チャックが半年位前からプルッ..プルッ..っと首を振ることがあったが、脳や神経系に障害がある場合は首を片方に傾けじっとしてたり、ぐるぐる回ったり、震えが止まらなかったりといった症状を発し、それがどんどん悪くなるそうで、チャックの場合は当てはまらない、副鼻腔炎などの症状も見当たらず当面心配無い。
ベルにとまられるといつも痛い、爪が伸びているためだと思ってたが、実際はチャックのほうが細く尖っていて長いそう。(加減してくれてるのかも?)
爪切りは不要。

 チャックベル
タンパク±~+
ブドウ糖±~+
ビリルビン
ケトン体
pH55
体重145g127g
飲水量5cc3cc

-------------------
2010/04/14(H22)
ふんだけ持っていく。

 チャックベル
タンパク±~+
ブドウ糖±~+
ビリルビン
ケトン体
pH55
体重145g130g
飲水量7cc5cc

-------------------
2009/11/11(H21)
2羽連れていく。
体重も変わりなく(チャック 145g ベル 127g)、飲水量も少ないので(チャック 6cc ベル 5cc)今回はふんの検査は不要、持ち帰る。
意外にも体重が少ないベルのほうが脂肪はついていたが(チャック 1mm ベル 2mm)、2羽とも問題の無い範囲。
換羽で抜けた羽を持参して診てもらう。
チャックのほうが風切の先が細くなっているが、発育不全のためか?
羽軸にもやもやと血液の残骸のようなものが残っている羽があったが、軸の部分が短くすぐに抜けてしまう(PBFDの症状)わけではないし、1本だけなので問題は無い。
チャックに比べるとベルは毛深い。

-------------------
2009/03/11(H21)
2羽連れていく。
ベルはうっすらと雌特有の匂い。
タンパク値が高いのは発情時の影響か。
チャックの左側の翼が曲がっているように見えるので聞いてみた。
保定して伸ばすと、左側だけ伸びが悪く恐らくは左肩(人だと左肘に当たる部分)の筋を打撲等で傷めてそのまま固まってしまったのではないかと。
(クリッピングが原因で筋を傷め、飛べなくなる例も多い)
チャックの場合普通に飛び回れるので今のままで差し支えない。

 チャックベル
タンパク+~++
ブドウ糖±
ビリルビン
ケトン体
pH56
体重145g129g
飲水量9cc5cc

-------------------
2008/11/17(H20)
ふんをクールで送って診てもらった。

 チャックベル
タンパク±~+±~+
ブドウ糖
ビリルビン
ケトン体
pH55
体重143g129g
飲水量8cc7cc

-------------------
2008/03/25(H20)
ふんだけ持っていく。
体重・飲水量のチェックは定期的に続けるように。

 チャックベル
タンパク±~+
ブドウ糖±~+
ビリルビン
ケトン体
pH55~6
体重147g127g
飲水量6cc4cc


共通テーマ:ペット