So-net無料ブログ作成

11月24日(木) 今年の換羽 [医]

ベルの怪我ではご心配いただき
ありがとございました。

今ではすっかり元通り!

ボロボロになったブランコもロープを新調して
元通りになったものの、
無視する様も以前と変わらず・・・、

 

少しは乗ってほしいんですけどね~。


さて、今年も換羽が一段落したようで
今月は1枚も抜けませんでした。
今までは始まりも終わりも曖昧だったので
今年はカレンダーに貼り貯めておいたのですが
まとめてみると・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

3月5日から10月30日まで2羽で合計99枚、
回収しきれなかったものも含めて
50枚以上が抜け換わっているのですから
体力も消耗する時期、
怪我などさせていられません・・・(猛省)

共通テーマ:ペット

11月3日(木) ベルの怪我とその後 [医]

留守中にチャックとやりあったらしくて(夫談)
ベルに怪我をさせてしまいました。

10月27日(木)、夜帰宅すると
出血はなかったものの、口から粘性の透明な液が
出ているようでナスカンがベトベト、
ブランコの紐にもなすりつけていたらしく
こんな場所で待機。。。

 
 普段はとまらないのに・・・

舌も赤くなっているようでした。

翌28日(金)も食欲が無かったのでいつものクリニックに
電話したら院長が体調不良でお休みとのこと、
一昨年お世話になった別のクリニックに連れていきました。

手際よくいろいろ診てくれましたが、そのう液と便中に
上皮細胞が見られること以外は異常無し、
口中も目立った傷は無いようで
1週間分の薬をいただいて帰りました。
-------------------------------------------
検査結果
尿検査  PH:6 タンパク(±)
  ブドウ糖・ケトン体・ビリルビン・潜血(-)
  ウロビリノーゲン:正常
糞便検査
  寄生虫(-) 細菌運動性・細菌バランス:正常
  細胞成分(+++)
口内スウブ
 赤血球・真菌(-) 細胞成分が多い
そのう
 外見的にはフード・液体(-)
-------------------------------------------
怪我から3日目、舌の赤味が引いた後、
左側に赤い点々(翌日には消滅)。
その頃には食欲も戻り、一時120gまで落ちた体重も
回復してきました。

11月3日(木)、1週間後に様子を見せに行きましたが
フンの状態もよく治療終了となりました。

共通テーマ:ペット

10月6日(水) 定期検診 [医]

健康診断に行ってきました。
今回は気になることがあったので
チャックだけ連れて行きました。

 
 近くの公園で時間つぶし

実は先週(9月30日の朝)、
チャックの夜ケージの中に吐き戻しがあり、
朝一番の便もゆるく、その後は水の混じった多尿便、
鮮やかな緑色の便も含まれていたので気になりました。
飲水量も11ccといつもより多い状態でした。
(ベルは7cc)

吐瀉物は硬くてつぶれなかったのでナッツの小片、
酸っぱい臭いもしなかったので、おそらくは
前日ベルからもらった大きめの塊ではないかと思います。

ナッツでもペレットでも細かく砕いて食べるチャックに対し
ベルは塊のまま飲み込んでしまうことがあります。

先生の所見も同様で、便の色が濃くなるのは
飢餓や真菌が考えられるが一時的なものなら
ストレスでしょう、とのこと。
今回吐瀉物はは捨ててしまったのですが、
またこのようなことがあったら持って来るよう言われました。

尿酸の検査はその場でやってもらいました。

 チャックベル
タンパク±~++~++
ブドウ糖-~±
ビリルビン
ケトン体
pH55
体重141g129g


参考までに、吐瀉物と便の写真を載せておきます。

お食事中の方はスルーしてください



共通テーマ:ペット

7月21日(火) 検査結果 [医]

便りがないのは良い便り・・・と
気長に待っていた検査結果がやっと届きました。

 チャックベル
タンパク±~+±
ブドウ糖-~±
ビリルビン
ケトン体
pH55

ベルはブドウ糖がやや高めに出てしまいましたが
特に問題は無いとのこと。
飲料水、体重が増えてきたら来院するよう書かれてありました。


おまけは近所で採れたトウモロコシをパクつく2羽。

ベルは扉を開けたまま写せるのですが

 

チャックはトウモロコシをくわえたまま
外に出ようとするのでケージ越しの写真しか写せません。

 

2羽ともゴキゲンです^^

共通テーマ:ペット

6月17日(水) 定期検診 [医]

仕事サボって今年も定期検診に行ってきました。

相変わらず混んでましたが、
近くの公園で日光浴などしながら時間潰し^^

 

病気で通院している鳥さん達のお話を伺ってると
健康なのだし贅沢は言ってられないなぁと・・・。

一番最後で時間が押してたこともあって
チャックはスルーでしたが、
ベルの爪の傷痕が皮膚に置き換わっているのを
確認していただいたり
先生に渡す時に暴れて脱走し
「上手に飛ぶわねぇ」と褒められたり?

そういえばチャックも昔同じことをやらかしたことを
思い出しました^^;

共通テーマ:ペット